×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分が二重派遣で働いていることが分かったらどうする?

二重派遣

二重派遣とは、契約している派遣会社から企業へ派遣され労働を行っている派遣社員が、その企業の指揮によって他社の企業へ労働力を派遣する行為を言います。

 

二重派遣を行った場合、派遣社員を他社に派遣した企業と、その派遣を受けた企業は、派遣法違反、職業安定法違反として、1年以上の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。また、その事実を派遣会社が知っていて止めなかった場合には、偽装請負となり、職業安定法違反で、1年以上の懲役または20万円以下の罰金に処せられます。

 

 

派遣というものは、そもそも、派遣会社が労働力を企業に貸すという概念から生まれた職業です。ですから、その提供している労働力は、派遣会社のものとなります。ただ、労働力は紙や金銭といったものだけではありません。人という労働者を提供しているのです。ですから、企業に派遣している労働者は、派遣会社の社員であるということが言えるのです。

 

つまり、派遣社員は、派遣会社の社員であり、派遣会社との契約によって労働力を提供しているのです。借りているだけの労働者を勝手に他社に派遣することは、所有していない預かり物を勝手に人に渡すのと同じことなのです。これは、法律違反です。つまり、自社の労働力ではない人材を他者に貸す二重派遣という行為は、違反行為ということになります。

二重派遣が何故いけないのか

二重派遣は、派遣会社と契約を交わし、派遣会社の社員である派遣社員を、自分の会社の社員のように扱って、他社へ派遣させる行為です。これによって派遣された社員は、契約にない条件下で働くことになり、その労働力によって、最初に派遣を受け入れた企業は、派遣を送った企業からマージンを受け取り、自社の利益にします。しかし、派遣社員は派遣会社と契約時に報酬契約を行っているため、二重派遣された企業で労働しても、時給は変わりません。

 

なぜ二重派遣がいけないかというと、直接雇用契約をしていないにも関わらず、指揮命令を勝手に下し、派遣社員を他社に派遣させる雇用契約違反に当たる行為が、まずやってはいけない行為になります。しかし、派遣会社との契約とはいえ、労働自体は、その企業の上司から指揮を受けて行っているため、二重派遣に当たる派遣も、上司からの指揮であると捉えられ、その善悪が曖昧にされている部分があります。

 

しかし、二重派遣をしてはいけないことは、法律で定められています。また、二重派遣が横行すれば、派遣という意味も有耶無耶にされるばかりか、派遣業自体、衰退して行くでしょう。派遣社員が働く環境も破壊され、雇用条件も劣悪なものになる可能性もあります。こうした自体を招かない為にも、二重派遣は絶対に行ってはいけない行為なのです。

デメリット

二重派遣は、一見労働力を提供しているだけであり、派遣社員にとっては、自分の実力を認めてもらう評価のように感じる為、デメリットなどないようにも感じるかもしれません。しかし、実際には、派遣社員にとっては、デメリットになることばかりなのです。

 

二重派遣によって他社に派遣されたことによって、実力が認められたように感じますが、決して評価されて派遣されているとは限りません。確かに、優れたスキルを持っている人材は、どの企業も欲しいと願います。そして、そのスキルを譲る代わりに、それに見合ったマージンを受け取ることが出来れば、企業の発展資金にも繋がります。こうした欲があることから、未だに二重派遣がなくなることはありません。

 

そういった欲のために派遣された社員は、派遣会社の雇用条件で働いています。残業をしないという条件で雇用契約していたとして、二重派遣先で残業をするよう命じられたとすると、本来の派遣先であれば、断る権利が派遣社員にはありますが、二重派遣先では、この権利がなくなります。なぜなら、派遣会社による派遣ではないため、二重派遣先との雇用契約は勿論ありませんし、派遣会社との契約も、二重派遣先には通じません。そうした劣悪な環境で働かされるのに、時給は、派遣会社から提示されているもののままです。つまり、残業しても、残業代は付きません。こうした環境は、派遣社員にとっては、デメリットでしかありません。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


対処法

二重派遣に対するきちんとした対処法は、ハローワークや労働基準監督署、ユニオン、社会保険事務所などに相談する方法しかありません。つまり、法的処置を行ってもらうために、法に訴えるということです。しかし、法で裁いてもらうことになれば、派遣として働くことは難しくなるでしょうし、そこで働いている他の社員に対しても迷惑になると、敬遠する人もいるでしょう。

 

そうなる前に手を打つことが必要です。派遣先の上司から、他社へ行くよう指示されたり、他社の仕事を任されたりした場合には、直ぐ、契約を結んでいる派遣会社の担当者に相談する必要があります。もし、相談に乗ってくれなかったり、その状態を黙認していたりするようであれば、派遣会社は偽装請負している可能性があります。辞めるべきです。

 

しかし、偽装請負をしていない派遣会社であれば、きちんと対応してくれます。また、担当者個人が偽装請負を行っている場合も有り得ますから、何人かに相談してみるのも良い方法でしょう。いずれにしても、まずは、派遣会社に二重派遣ではないのかということを確認することが、対処法と言えます。

信頼ある派遣会社へ

二重派遣自体が起こらないようにするためには、信頼ある派遣会社に登録することです。第三者の口コミや評価を参考にして、信頼できる派遣会社を探す必要があります。

 

人気のある派遣サイトは、マンパワーやフジスタッフ、テンプスタッフです。これらは、女性からの指示も得ているサイトとなっています。

 

信頼、実績、知名度を取るなら、リクルートスタッフィングでしょう。派遣社員への対応評価もかなり高いものとなっています。また、マイナビ派遣では、二重派遣のような問題に対して解答を行っています。隠したい部分がある場合には、こうした質問などには曖昧な対応しかしません。つまり、きちんとした解答が出来るということは、違反行為を行っていないということにも繋がります。

 

このように、表面から見える情報を参考にして、信頼できる派遣会社を見つけましょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


自分が二重派遣で働いていることが分かったらどうする?エントリー

二重派遣


二重派遣が何故いけないのか


デメリット


対処法


信頼ある派遣会社へ


リンク

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24